バーベキューで使う肉

バーベキューで使う肉について

肉の主な成分はたんぱく質です。肉のおいしさは脂肪の働きに関係します。肉の種類が違っても、その成介はだいたい同じです。 指肪自体は特別な味を持っているわけではありません。 最も多いのは水分で50-70 パーセント、水分の多少が、口の中に入れると、味覚を感じる器官に薄い脂肪の含まれ方によって違い、指肪が多いと水 膜を作って、味の感じ方を柔らかにし、おいしさを量が少なくなります。水分以外の成分は、脂肪と引き立たせてくれます。肉は脂肪の溶けている熱のたんぱく質です。肉の主成介はたんぱく質ですが、 うちに食べるのがよく、冷めた肉は風味が落ちてます。部位によって大きな違いがあります。固かた筋と膜が多くて色が濃い。ややかたい部位。う まみの成介は豊富で味出しに かたロース 指肪が適度にあり、筋が多くてややかたい。肉質は落ちるが、風味 は大変よい。マリネしてから使うとよい。 リブロース 肋骨部(リブ)のロース(背肉)という意味。脂肪が多く、最上の部位の1つ。サーロイン 香り、風味のよさ、肉の柔らかさなどの点でステーキ肉として最高。 ヒレl頭分の牛肉からわずかしかとれない最高 級肉。指肪が少なく、最も柔らかい部位。 固ランプ 赤身で柔らかい肉。薄切り肉で売られる。 固かたばら・固ともばら 両者の肉質に大差なく、食事のバランスをくずさなければ、エネ ルギー源として大変有効です。特にエネルギーを多く必要とする成長期の子供や妊婦にはよいでしょう。バーベキューで使うお肉は厳選しましょう。