バーベキューの肉の選び方

肉を選ぶときは、色をよく見ます。牛肉はつやのある鮮紅色が良品ですが、 空気にふれる時間、牛の老若によっても多少違います。豚肉は薄い ピンク色で、ロースは 灰白色です。鶏肉のも もは赤みが強く、むね は白っぽい色です。赤身と脂肪が層になっているので三枚肉ともいう。脂肪が少なく、赤身が多い。薄切りにしないほうがよい。 すね足のふくらはぎの肉。だしをとるのに最適です。
牛肉ほど部位別の特徴はありませんかたロース肩に近い部分のロース肉。最高位にならないのは、筋肉間の脂肪が多く、少しきめが粗いから。ソテー、ローストポークにするとよい。 ロース 豚肉の中では最上の部位。淡紅色で肉質 は柔らかい。この部分には霜降りが見られる。外側 の指肪部介にうまみや風味があるので、必要以上に 指肪を取り除かないほうがよい。 ヒレ先のとがった棒状の赤身肉。肉質が最も柔 らかい最上級の部位。たんぱく質が多く、指肪が少ないので、カツにすると油が加わっておいしい。バーベキューで使うお肉は色々ありますがこういった肉を選びましょう。